はるスタ

子育てのこと。資格のこと。アレルギーのこと。

【受験勉強】長女の机の整理と思考の話

みなさん、こんにちは!TAMAKOです。

今回は、高校生の長女の勉強机についてのお話。

整理整頓って、心の健康のためにも大切だなとつくづく思います。

 

 

参考書が山積み!

高校生の長女。夏休みも膨大な量の宿題が出され、毎日夜中まで取り組んでいる様子です。

 

勉学に励むのは良いのですが、私には前々から気になっていることが1つ。

 

机の上が乱雑…!

 

参考書やノート、教科書は山積み。

それを机の上や本棚に置ききれなくて床にまで散乱。

夜中に飲んだお茶のコップなど、次の日の夜まで机の上に置きっぱなし。

カロリーメイトなどのごみも置きっぱなし。

プリント類も花吹雪のように部屋中に散っている。

 

分かるんですよ。忙しくて時間がないのは。でも、あぁもう、整理したい…片付けたい…。ぐぬぬぬぬ。

 

でも、もう高校生だし、母親が部屋の整理整頓まで介入するのっていかがなものだろう?と、ずっとプスプスとくすぶっていた私なのでした。

 

当然、勉強効率が悪い

それだけ乱雑であれば、当然、勉強の効率が下がるわけです。

 

『あのプリントどこだっけ!?』

『ここに置いておいたはずなのに…なんでないの!?』

『あ~もう!ルンバにプリントぐちゃぐちゃにされた!』

ルンバのせいではありませんよ…。

 

勉強に割く時間よりも、探し物をしている時間の方が多いという事態になっています。

いかに勉強する時間を作るかがカギとなる受験生。

そんなんで本当に良いのか?

 

 

勉強机が汚れているデメリット

集中力が持続しない

教科書と参考書の山の谷間で勉強しているため、勉強中に肘などがその山々に当たってしまったり、気が散ったり、とにかく集中力が続かない様子。

机の乱雑具合と関係あるのか分かりませんが、よく眠くなっていました。

生活も乱れてしまうのでしょうか。

 

なんとなくイライラしている

やらなければいけない勉強の課題もある上に、部屋や机が汚いと、片付けもしたいけど勉強する時間がなくなる、でも散らかりすぎてどこから手を付けたらよいのか分からない…『ああ~もう!!』と終始イライラしがち。

 

頭の中も整理がつかない

すぐにやるべきこと、1週間ほど猶予があるもの、一番後回しにして良いもの、などの区別が付かなくなり、優先順位がつけられない状態に陥っています。

そのため、頭の中までゴチャゴチャになっている様子です。

 

満を持して…母、介入

そんな娘の姿と、1人ではどうにもならなそうな机の上の現状にしびれを切らした私。

TAMAKO『片付け、手伝おうか?』

 

長女『お願い!!』

 

母の助け船に全力でしがみつく長女(笑)

もっと早くから声をかけてあげれば良かった、と後悔。

 

よし!やるかぁ!

 

机を壁から少し離す

まずは、壁とベタつきだった勉強机を、壁から少し離しました。

壁と机が近すぎると、圧迫感を感じて集中力が続かないんだそうです。

使っていないカラーボックス2台を壁と机の上に間に挟み、そのカラーボックスの上に無印のファイルボックスを置いて、収納スペースも確保しました。

 

教科書や参考書は、教科ごとに分ける


f:id:kindegg:20220816193820j:image

とにかく量が多い教科書、参考書類、各教科ごとのノート。

ノートなんて、色が違うだけで全て同じノートを使用しているので、私からは見分けが付きません。

長女いわく、『教科で色分けしてる』とのことなので、とりあえずは教科書&参考書とあわせて教科ごとにカテゴリー分けをして収納。

 

優先順位の高いものから、近くに置く

良く使うものや、最優先でやらなければいけないことなどは、机のすぐ近くに配置しました。

公文に通っているのですが、公文では15分程度で終わる量の宿題が毎日課せられていて、毎日出し入れしなければいけないので、公文は公文で1つのカテゴリーとしてファイルボックスを配置。

あとは、やれ英検だ数検だのと、検定や模試も受験する頻度が高いので、受験票や対策の参考書関係も全て同じカテゴリーで作りました。

 

モチベーションの上がるものはすぐ見えるところへ


f:id:kindegg:20220816193851j:image

こちらは、高校に入ってから使い終わったノートたちなのですが、これを眺めると、

『これだけやってきたんだ』

と、長女のモチベーションが上がるらしいので、椅子に座ったときにすぐに身に付く場所に配置しました。

 

【なんでも置き場】を作る

『ちょっとこれは後回しにしよう』

『一時置いておこう』

というときに、机以外の場所にスペースを作りました。

 

私は平置きがあまり好きではないので(ドサッと置けて長女は好きらしいんですけどね)余分なファイルボックスを、カテゴリーを付けずに1つ置き、あと娘が大好きな平置き用スペースも作りました。

友達が突然遊びに来たときなど、ササッと片付けられるという利点もあります。

 

趣味のものは遠くに

長女の大好きなアーティストの写真集など、気が散りそうなものはなるべく遠くへ!(笑)

趣味があるのはとても良いことですが、勉強とお楽しみとで、気分をしっかり分けられるよう、遠くへ配置です。

 

ゴミ箱は大きめ


f:id:kindegg:20220816193909j:image

とにかく量が多いプリント類。

破棄するときに、部屋のゴミ箱が小さいと、リビングまで出てきてから捨てることになるので、

『めんどくさいからまた今度でいいや…』

となりがちな長女。

 

大きめのファイルボックスをゴミ箱として、不要なプリント類をポイポイ投げ捨てられるようにしました。

溜まってきたら、母が回収!

それくらいしかしてあげられませんからね。

 

長女の変化

さて、勉強机を整理して次の日。

 

長女『勉強してたら、いつの間にか5時間経ってた…』

 

えええっ!

机を整理するだけで、こんなに集中力が違うとは…母もそこまでは期待していませんでしたよ。

 

これまでは、自分の勉強机が汚すぎて、図書館で勉強をしに行っていた長女でしたが、片付けてからというもの、一度もそちらには足を運んでいません。

身の回りの整理=心の整理

それを実感してくれただけで良しです。

あわよくば、成績に反映してくれると良いかな……。